授乳後の女性がバストアップする方法

産後生理前の胸の張りがなくなった

投稿日:

 

産後に生理前の胸の張りがなくなったことで、不妊になってしまったのではというお悩みをいただきました。

産後に生理前の胸の張りがなくなった理由とは

生理前に胸が張る理由は、主に女性ホルモン(プロゲステロン)の働きによる水分の貯蔵によるものです。生理前胸が大きくなる理由

 

なので、貯めこまれた水分を排泄しやすい人、そうでない人で胸の張りや大きさの変化を感じるか
感じないかの差が出てきます。

 

では、なぜ産後生理前の胸の張りがなくなってしまったのでしょうか?

 

複数の原因が考えられます。

妊娠出産を通じて、胸の皮が伸びたから

生理前の胸の張りとは、水にたまった水分の量が増えたことによる、胸の容量の変化と、
皮膚などが急に伸びたことによる刺激です。

 

胸が張って痛いの正体は、胸の容量が増えたことで、皮膚などがツレていたいということ。

 

そのため、張りがなくなった大きな理由の一つとして、一度胸の皮膚が伸びたことで、張りにたいして皮膚感覚が鈍感になったことが考えられます。

 

妊娠出産、授乳を通じて胸の大きさに変化があったと思います。それにより、胸の皮もかなり変化がありました。

一度膨らませた風船は、膨らませやすいのと同じ原理で、一度大きくなって伸びた胸の皮は
ホルモンの影響で以前と同じように水分が胸にたまっても、テンションなくスムーズに伸びます。

なので、生理前に胸が大きくなっても胸に痛みを感じることがなくなったのではないかと考えられます。

出産後に体質が変わったから

出産後に体質が変わるという根拠は医学的にはありません。

 

しかし、事実としてわたしの場合、一人目を出産した以降すねに毛が生えなくなりました。
そして、わたしの母も出産後、スネにムダ毛が生えなくなりました。

 

しかし、出産経験のない妹は、わたしが出産した年齢を過ぎた今も
スネのムダ毛に変化なし。

 

毛は、もともとホルモンの影響を受けやすいことは、医学的にも明らかになっていることですから、
すねのムダ毛がなくなったことに、女性ホルモンが影響していることが考えられます。

 

わたしの場合の変化は、ムダ毛でしたが、人によっては、生理が軽くなったりといった場合も。

 

もともと、女性ホルモンの影響を受ける部位は、産後に変化がみられるのは
事実としてあります。

それを考えると、産後生理前に胸の張りがなくなった理由は、体質の変化と考えられます。

ただ、出産の年齢によっては、女性ホルモンの分泌が減少する時と
出産後が重なったことで、体に変化が起きたのかもしれませんね。

産後生理前の胸の張りがなくなると不妊になる!?

産後生理前の胸の張りがなくなる理由は、
皮膚が伸びたことや、体質の変化を上げました。

 

女性ホルモンは、複数ありそれが複合的に影響しあって
体に変化を生じさせます。

 

そのため、胸の張りがないから、不妊だと、単純に分かるものではありません。
不妊だと決めつけ、心配する必要はありません。

 

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-授乳後の女性がバストアップする方法

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.