痩せ型バストアップ法

鶏肉を食べてさらにバストが貧相になった人の怖い話

投稿日:

バストアップサイト管理人さゆりです。バストアップしたいならむね肉を食べろ!という都市伝説もあって、肉は鶏肉しか食べてない人もいるかもしれませんが、今日は鶏肉バンザイ!って思って鶏肉ばかり食べてちゃダメだよって話です。

特に、痩せ型さんで食べ物に気を使っているのに中々バストアップしない、以前よりもどんどん痩せていくという人は、結果のでない原因が鶏肉かもしれません。

 

鶏肉のタンパク質がバストアップに特別よいタンパク質というものではない

勘違いしている人がいるのですが、鶏肉のタンパク質が特別にバストアップによいタンパク質というものではありません。

牛肉のタンパク質も、鶏肉のタンパク質も、豚肉のタンパク質もお腹に入ったら同じタンパク質です。

バストアップ中さん
じゃ、鶏肉がバストアップにすすめられる理由って何?
管理人さゆり
高たんぱく低カロリーで、価格が安いから。

100gあたりのタンパク質と脂質の量

 

鶏肉ささみ タンパク質 23g 脂質 0.8g
鶏肉むね皮なし タンパク質 22.3g 脂質 1.5g
ブタ肉もも タンパク質 20.5g 脂質 10.2g
牛肉もも タンパク質 21.2g 脂質 9.6g

 参考サイト ダイエット料理レシピより

上記の表は、牛肉豚肉鶏肉でタンパク質が一番多い部位(鶏肉はむね肉も追加)のタンパク質量と脂質量の表です。

こう見ると、確かに鶏肉ささみは、高たんぱく低カロリー。また、説明不要ですが、鶏肉は一般的に安い。

同じ100gの肉塊でも、タンパク質の量に違いがあるのであれば、確かに豚肉ももを取るよりも、価格が安くタンパク質も豊富なささみや鶏むね肉をとった方が効率的とも言えます。

しかし、鶏肉が高たんぱく低カロリーであることが逆に貧乳食になってしまう理由でもあるのです。

 

なぜなら、鶏肉を食べてお腹がいっぱいなのに、低カロリーのために摂取カロリーが不足している場合も考えられるからです。

実際、バストアップの相談を受ける中でも、大食いでしっかり食べています!でも痩せているんです。という人に限って肉は鶏肉のむね肉やささみだけという人がいます。

必要な摂取カロリーが足りてなければ、お腹が膨れていても体重は増えません。

また、摂取カロリーが不足している状態で、外側からのアプローチを頑張ってもさほどの効果はありません。

鶏肉だけを食べれば食べるほど、以前よりも痩せてしまう可能性もあるわけです。

 

痩せ型さんはまず必要なカロリーを摂取してた上で、食材を考えよう

 

ダイエットが必要な人は、高たんぱく低カロリー食材でお腹を膨らませるのは、理にかなっていると思います。

しかし、痩せ型さんがいくら高たんぱくな鶏肉でお腹を膨らませても、摂取カロリーが足りないため貧乳を解消することはできません。

そうなると、バストアップに気を遣えば使うほど、バストアップから遠のくという悪循環が生まれることがあります。恐怖!

ですから、まずは必要なカロリーが取られているかどうかに着目しましょう。

 

【関連記事】必要な摂取カロリーはどのくらい?実際の食事メニューで考えたよ

 

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-痩せ型バストアップ法

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.