間違ったバストアップ情報

バストアップ成分ブラックコホシュは、副作用がない?は間違いです。

更新日:

 

間違ったバストアップ情報
ブラックコホシュは副作用がありません

正しいバストアップ情報
ブラックコホシュの副作用は日本では報告されていませんが、海外では多数報告されています。

バストアップ中さん
バストアップサプリによく配合されているブラックコホシュは、副作用がないんですよね?

管理人さゆり
日本では、健康被害の報告はありません。

ただ、海外において肝障害との関連が疑われる多数の事例が報告されたため、厚生労働省は2006年8月3日に1度目の注意喚起を行い、2012年11月19日2度目の注意喚起情を行っています。

 

ブラックコホシュに関して、バストアップサプリ販売会社が「副作用の報告はありません」とうたっていますが、個人的にはひどいな~と思います。

 

日本国内では健康被害、副作用の報告はないですが、日本の厚労省は、ブラックコホシュの摂取に関して2度も注意喚起をしています。

 

厚労省サイトの注意喚起を引用します。

 

ブラックコホシュ[英名:black cohosh, black snakeroot、学名:Cimicifuga racemosa(L.)、(キンポウゲ科の植物)]を含む製品は、欧州では更年期障害の症状緩和の目的などで医薬品として販売されており、我が国や米国では食品として販売されています。
諸外国において、ブラックコホシュを摂取した場合の主要な健康被害として、肝障害が報告されており、欧州医薬品庁(EMEA)のハーブ医薬品に関する委員会(HMPC)では、入手可能なデータの評価により、これらの肝障害はブラックコホシュの利用と関連している可能性があるとみなし、肝障害の徴候があらわれた場合のブラックコホシュの使用の中止、医師への相談、医師から患者への使用確認、症例の報告を促す勧告を出しています。これを受け英国医薬品庁(MHRA)、フランス食品衛生安全庁(AFSAA)、フィンランド食品安全局でも、注意喚起を行っています。また、カナダ保健省(Health Canada)も同様の注意喚起を行っています。
日本国内でブラックコホシュ又はこれを含む食品を摂取したことによる健康被害事例はこれまで報告されていませんが、ブラックコホシュの摂取については念のためご注意下さい。

厚労省サイト 海外におけるブラックコホシュの利用に関する注意喚起について

 

健康被害に関して、因果関係の証明はなされていませんが、アメリカで死亡の例もあります。

有害事象報告が相次ぎ、2006年オーストラリアでは49例(出典5)、英国では31例(出典6)、フランスでは2例(出典7)、フィンランドでは2例(出典10)の症例が把握されています。また、因果関係は明確ではないものの、2006年にカナダで肝障害3例、米国で死亡1例の報告があります(出典12)。

引用海外におけるブラックコホシュの利用が疑われた肝障害の報告 060822

 

ブラックコホシュは米国や日本では食品扱いとなっていますが、欧州では医薬品です。国によって医薬品になったり、食品になったりと扱いが違うのは、薬の認可制度が国ごとに違うので仕方がないのですが、消費者としては怖いですね。

 

医薬品といっても、バストアップ効果があるということではなく、更年期障害の緩和として処方されていものです。バストアップ効果は未解明と言っていいと思う。

 

いずれにしても、ブラックコホシュの摂取に関して、イギリス、フランス、フィンランド、カナダそして日本で注意喚起をしています。

ブラックコホシュ配合のサプリを飲む際は、かかりつけ医に相談した方がいいと思います。

 

 

このような記事を書くと、たいてい非難や嫌がらせのメールがきます。
それでも、正確で公平な記事を書きたいので、記事が役立ったり、応援してもいいよ!という方ぜひともブログランキングの応援クリックお願いします。

 

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

 

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-間違ったバストアップ情報

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.