バストアップに不可欠な女性ホルモンの話

女性ホルモンと自律神経の深い関係を知ってバストアップしやすい体へ

投稿日:

 

管理人さゆり
女性ホルモンと自律神経って関係がなさそうですが、実は関係大ありです。自律神経が乱れると女性ホルモンバランスも乱れるからです。

 

その理由は、自律神経も女性ホルモンの分泌も脳の視床下部がコントロールしているからです。

 

女性ホルモンも自律神経も脳の視床下部がコントロールしている

 

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部から女性ホルモン分泌の指令を受け、脳下垂体が、女性ホルモンの分泌を指示。それを受けて、卵巣で女性ホルモンが分泌されます。

 

そして、自律神経も、視床下部がコントロールしています。

 

そのため、自律神経のバランスが狂うと、女性ホルモンのバランスも狂い、女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れることになると言われています。

 

閉経後、女性の体調が不調になることを更年期症状といいますが、その症状がのぼせ、発汗、動悸など、自律神経が関わる症状がでることからも、自律神経と女性ホルモンの深い関係がわかります。自律神経は発汗や動悸などを起こす神経だからです。

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

意思でコントロールできない動作は自律神経の働きによるもの

 

心臓を止めようと思っても、汗を止めようとしても止めることできませんよね?無意識に呼吸をし、意識が及ばなくても心臓は動きます。

 

心臓の動き以外にも、瞳孔の調整、食べ物の消化、体温調節、発汗などこれらの動きは、自分でコントロールすることができません。これが自律神経の働きによるものです。

 

反対に自分の意思や意識で動く神経が体性神経です。

 

神経の系統2つ

  1. 自分の意思や意識で働く神経(体性神経)
  2. 自分の意思や意識では働かない神経(自律神経)

 

そういった、生命の維持に直結することをコントロールしているのが自律神経なのです。

そして、その自律神経はさらに二つの神経交感神経と副交感神経とに分けられます。

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

交感神経と副交感神経とは?

 

ともに自律神経である交感神経と副交感神経ですが、それぞれは対照的な働きをしています。ほとんどの器官は、2つの神経が同時に働くことで、生命維持が保たれています。

 

交感神経の主な働き
呼吸が速くなる、心臓の動きが速くなる、血管が収縮する、血圧が上がる、胃腸の働きを抑える、膀胱が広がる、子宮が収縮する

引用http://www.kao.co.jp/laurier/health/027/

 

副交感神経の主な働き
呼吸が遅くなる、心臓の動きが遅くなる、血管が広がる、血圧が下がる、胃腸の働きを活発にする、膀胱が収縮する、子宮が広がる

引用http://www.kao.co.jp/laurier/health/027/

 

わたし達が健康で快適に過ごすことができるのは、この自律神経が適切なバランスを保って働いているからです。

 

たとえば、朝起きてからしばらくすると、眠さがなくなり体がシャキッとします。これは、朝日を浴びることで、交感神経が活発になり、副交感神経の働きが低下するからです。

 

また、夜になると、交感神経が静まり、副交感神経が活発になることで、眠りに落ちることができます。

 

そのため、緊張感や悩みなどがあるときは、心拍数があがったり、血圧が上がってしまい、交感神経がずっと活発のままになってしまうので、なかなか寝付くことができなくなってしまいます。
このように、ストレスなどにより交感神経と副交感神経の働きが適切な状態でなくなると不眠などにより、体調に悪影響をもたらします。これが、自律神経失調症の発症の仕組みです。

 

自律神経のバランスが崩れないようにすることが、女性ホルモンのためにも重要

女性ホルモンと自律神経が脳の視床下部がコントロールしていることから、自律神経と女性ホルモンの分泌は相互に影響し合っていると考えられています。

そのため、自律神経のバランスを崩さないことが、女性ホルモンの分泌にもいい影響をもたらします。

 

自律神経を整えるために一番簡単な方法とは?

 

自律神経は整えようと思っても、意思で整えることはできません。なので、動作によって整えるしかないんです。一番簡単は自律神経を整える方法は、規則正しい生活、メリハリある生活を送ることです。

 

ずっと活動しっぱなし、緊張しっぱなしでななく、意識的にリラックスする時間を取ってみて下さい。

たとえば、寝る前に深呼吸をしてみたり、目を閉じて瞑想をする、ぬるめのお風呂に入るのも効果的と言われています。

 

バストアップと女性ホルモンバランスの正常化を目指すお風呂の入り方

 

お風呂が女性ホルモンバランスを整えるのに貢献する理由は、体がリラックスすることで、自律神経が整い、そして女性ホルモンのバランスが整うからです。

湯船に入ったり、温泉にゆっくり浸かるとカラダが軽く感じることを経験する人も多いかと思います。わたしも、リラックスできる温泉やスーパー銭湯が大好きです。

体がリラックスすることができたら、どのようなお風呂の入り方でもよいのですが、ここに主なお風呂でのリラックス法や体の温め方を記しておきます。

 

お風呂に入る前の準備

    1. コップ1杯の水(冷たいのはNG)を飲むこと
    2. 肌が弱い場合など必要に応じて、湯船のカルキ抜きもしておきましょう。

アスコルビン酸(化学合成されたビタミンC)を40グラム程度、浴槽内のお湯に溶かすことでカルキ抜きは完了です。

  1. ヒートショックを防ぐため、脱衣室、浴室を温めておく
リラックスできて、冷え性も改善されるお風呂の温度と入浴時間
湯温は、40℃
お湯につかる時間は、20分から30分を目安に。

熱いお風呂は血圧が急に上がり、交感神経を刺激してしまいます。リラックス効果が失われるので、おすすめできません。
また、熱い温度10分以上、お湯にはいることも、同じ理由でおすすできません。

長くお風呂につかれる工夫
半身浴を基本とし、手を浴槽の中に入れないようにしましょう。
上半身が冷えを感じないように、上半身についた水滴をタオルで拭いたり、浴室を温めておきましょう。
さらにお風呂でリラックスする工夫
入浴剤やアロマオイルを入れる。塩を女性の手で2つまみ程度浴槽に入れたり、
または、重層を大さじ4杯入れることで、入浴剤の代用になります。(塩分や炭酸には体を温める効果が期待できる。)
入浴後
水分の補給をすること。
さらに、ホットミルクで、睡眠を誘導してあげてもよいでしょう。牛乳は水分補給にはならないので、水分は別にとること。

正しいお風呂の入り方をマスターすることで、冷え性改善や、自律神経を整えることができそれが、女性ホルモンのバランスを整えることに繋がります。

もちろんそれは、胸を大きくすることにも貢献してくれますので、じっくりと時間をとってお風呂に入ってみて下さい。

また、自律神経を整えるために普段は適度な運動をすることがないような人は、15分くらい散歩に出ることで自律神経が整うようになります。

 

自律神経が乱れると、女性ホルモンの不調を招きます。規則正しい生活や適度な運動をして、ライフスタイルによる自律神経の不調を起こさないようにした方がいいですね。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップに不可欠な女性ホルモンの話

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.