バストアップに不可欠な女性ホルモンの話

プラセンタ注射で女性ホルモン最適化。バストアップしやすいカラダをつくる!

投稿日:

管理人さゆり
ラセンタ注射によるホルモンバランス調整はれっきとした治療法です。

プラセンタと聞いて化粧品をイメージしてしまいますが、プラセンタ注射薬はヒアルロン酸注射と同様に医薬品です。

 

プラセンタとは胎盤を材料に作られた物質です。
胎盤っていうのは、妊娠したときにできる臓器で、ママからの栄養などを赤ちゃんに伝えるものです。

 

プラセンタでバストアップするのか?プラセンタの効果とは?

プラセンタには、ホルモンバランスを整えたり、生理不順や冷え性の治療にも使われます。

 

プラセンタで治療できるもの

  • 疲れ、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛
  • シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • 月経困難症、生理不順
  • アレルギー疾患
  • 脳卒中後の神経麻痺
  • 肝機能障害
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 膠原病

 

直接的にバストアップする効果はありませんが、当サイト管理人さゆりは、バストアップのための筋トレストレッチやツボ押しを実践することで、生理不順や冷え性が自然と改善されていきたんですよね。

 

また、  バストアップには女性ホルモンが関わっているのは事実です。なので、生理不順や冷え性を改善することは、バストアップに効果的だと考えています。

 

筋トレストレッチやツボ押しだけでは、冷え性や生理不順の改善が見られないのなら、プラセンタ注射も選択肢のひとつになるはずです。

医師が処方するプラセンタと市販のプラセンタの違い

医師が処方するプラセンタと、一般に市販されているプラセンタには違いがあります。

医師処方のプラセンタは、ヒト由来。

 

市販されているプラセンタは、ブタ、馬などのヒト以外。

 

ちょっとグロテスクですがヒト由来のプラセンタを使えるのは医師だけなんです。

 

そのため、一般に市販されているプラセンタと名の付くサプリなどは、人由来はありえずブタや馬由来のプラセンタだけです。

ヒト由来のプラセンタ2種類

厚生労働省で承認されている注射は、メルスモンとラエンネックの2種類です。

 

プラセンタ錠剤は厚生労働省で承認されているのかの確認は取れませんでしたが、ヒト由来のプラセンタ錠剤として、ラエンネック ピーオー(LAENNEC P.O.)があります。

 

プラセンタの錠剤ラエンネック ピーオー(LAENNEC P.O.)も、2カプセルで注射1本分に相当するプラセンタエキスを摂取することが出来ます。
参考サイト聖心美容クリニック プラセンタ注射

 

プラセンタ注射を処方してくれる病院は、産婦人科、整形外科、皮膚科などが多いです。

 

プラセンタ注射は、3000円程度、プラセンタ錠剤ラエンネック ピーオー(LAENNEC P.O.)は、18,000円程度が相場です。

 

プラセンタサプリでは効果があるのか?

 

ヒト由来でない、ブタや馬のプラセンタで効果があるという学術的な裏付けは、今のところ探せませんでした。

 

しかし、プラセンタは女性ホルモンが含まれるものでも、プエラリア系サプリのように女性ホルモンに似た作用をする物質でもありません。

 

そのため、衛生管理ができていることを前提で、プラセンタサプリで重大な健康被害があることは考えにくいです。

 

 

しかし、医師処方のヒトプラセンタが1か月18,000円程度、プラセンタ注射が3000円程度が処方の相場です。

 

冷え性や自律神経失調症、生理不順などの治療が目的なら、安全性や効果・価格を比べても、ヒト由来のプラセンタがお勧めです。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップに不可欠な女性ホルモンの話

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.