バストアップに不可欠な女性ホルモンの話

プロゲステロンは胸を大きくするのか?プロゲステロンとバストの関係

更新日:

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)も、女性ホルモンのひとつで心身に影響を及ぼす物質です。

 

主に、妊娠を維持するために体のコンディションを保つホルモンと言われていて、妊娠中のバストアップに関係があります。

プロゲステロンの主な作用

 

プロゲステロンの主な作用をまとめてみました。

プロゲステロンの主な作用

  1. 子宮内膜の変化
  2. 乳腺の発達
  3. 体温上昇
  4. 血糖値の減少
  5. ホルモンバランスの調整

 

妊娠中に胸が大きくなるのは、乳腺の発達と皮下脂肪の増加によるものですが、その変化に関わるのがプロゲステロンです。

 

プロゲステロンは、エストロゲンよりも注目度が低いのは、エストロゲンのように見た目に変化をもたらす作用が少ないことが考えられます。

 

しかし、そもそもプロゲステロンとエストロゲンは相互に作用しあって女性の心身の健康を保つ重要な働きをしています。

どちらも、女性らしい曲線美を作ることに影響しあっています。

 

プロゲステロンは低用量ピルに含まれています

 

プロゲステロンは妊婦のバストをバストアップさせると同時に、排卵を停止させます。

管理人さゆり
プロゲステロンの量が増えると排卵が停止することを利用したのが、経口避妊薬(ピル)です。

 

バストアップ中さん
だったら低用量ピルでバストアップすればいいんじゃない?
管理人さゆり
健康被害を無視してもそれはおすすめできないな。乳首が黒くなるんだよね。

 

プロゲステロンでバストアップすると乳首が黒くなる!

 

妊娠中ってバストが大きくなりますが、乳首も黒くなりました。プロゲステロンには乳首を黒くする作用もあるんです。出産したらバストの大きさが戻ったと同時に乳首の色も戻ったけど。

 

健康被害があるのでプロゲステロンをバストアップのために自己判断で飲む人はいないとは思いますが、プロゲステロンはバストアップと同時に排卵停止だけでなく、乳首も黒くします。

 

なので、多量にプロゲステロンを摂取してバストを大きくする場合、健康被害だけでなく乳首も黒くなると思います。そういった面でも女性ホルモン摂取でバストアップは辞めた方がいいと思います。

 

ちなみに、ピルの摂取では乳首が黒くなった経験はありません。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップに不可欠な女性ホルモンの話

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.