美容整形の失敗による裁判情報

品川美容整形外科、フェイスリフト手術で提訴される!

投稿日:

全国展開の品川美容外科などで顔のたるみを取り除く美容整形を受けた女性40人が30日、術後も顔に強い痛みが残ったなどとして、運営する医療法人社団「翔友会」(東京)に計2400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
引用 読売新聞 2014年10月31日朝刊

手術後の経過も悪かったようですが、手術しないと返してもらえないとか、不味いでしょ。

この品川美容外科で問題になったのは、フェイスリフトというしわ取り手術です。

 

フェイスリフトには種類があって、皮膚だけをつり上げてシワを伸ばす方法、皮膚を切って筋肉の膜とともにつり上げる方法など、それ以外にも複雑なフェイスリフト法があります。

 

外科手術ですから、すぐにたるみやシワの解消が得られるのがメリット。芸能人でもフェイスリフトしたでしょ!?と肌がピンと張っている人いますよね。アレだね。

 

芸能界に限ってしまえば、一般的な手術法なのかなぁと思いますが、顔という筋肉や血管、神経などが複雑にからむ場所であることや、手術内容が複雑なところから、医師の技量が手術の効果をかなり左右する手術です。

そういう手術で「手術しないと返してくれない」って。何それ。

 

また、2011年には、品川美容外科の医療過誤捜査をめぐる情報漏洩(ろうえい)事件が起こっています。

 

どういう事件かとうと、品川美容外科の医療過誤事件をめぐる捜査資料を漏らしたとして警視庁捜査1課の警部の男が逮捕された事件です。

 

品川美容外科は、各地にチェーン展開している病院で豊胸手術もやってる病院です。なので、患者数も多いから提訴や事件もあるとも考えられます。

 

美容整形するなら個人でも訴訟対策をしよう

 

個人でできる自衛対策としては、すぐに契約はしないことです。

 

もし、帰してくれなかったら泣けばいいんです。泣き真似でいいので。そうすれば必ず帰してくれます。美容整形はカウンセリングのしつこさで根負けして受けるようなものではないじゃないですか。

 

また、今ってスマホのボイスレコーダー機能で簡単に会話が録音できます。言った、言わないが起きないために受付からカウンセリング、契約の時までの会話は録音しておいてもいいじゃないでしょうか。

今後、続報があり次第記事を更新していきます。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-美容整形の失敗による裁判情報

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.