バストアップ基礎知識

胸が大きくなる大事な時期を逃さなければ、楽にバストアップできます。

投稿日:

管理人さゆり
胸が大きくなる時期に、しっかりアプローチすればバストアップはかなりラクです。

 

胸を大きくするには、いろいろな方法がありますが、一番楽ちんな方法は胸が大きくなる時期に適切にアプローチすることです。

ずばり胸が大きくなり始める時期というのは、初潮を迎える2年位前です。

 

初潮は大体小学5年生ごろから6年生ごろに始まる子が多いですが、
その2年前、つまり3年生頃からバストは膨らみ始めます。

 

その時期にしっかりと女性ホルモンがスムーズに働くようにアプローチすることが実は一番簡単なバストアップ法です。

 

つまり、子どもの頃からバストを大きくするアプローチを実践すれば、自然にバストは大きくなるのです。

 

 

>>「自力で貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法」のトップページへ戻る

子どもの胸を順調に大きくする方法とは

 

 

子どもの胸を貧乳にさせないために

  • しっかり食べさせ、痩せ型体型にさせないこと。
  • ケーキなどの食べ過ぎ肥満にさせないこと
  • タンパク質のしっかり摂取すること

 

拍子抜けするほど、当たり前のことですが、やはり当たり前が大事。
その当たり前のことを2段階に分けて実行することで、将来貧乳に悩まない子に導けます。

 

子どものバストを大きくするための2ステップ

食べる量のコントロール
炭水化物(ごはん、麺類など)をしっかりとり、必要なカロリーを摂取させることです。

 

小学生は、学校からBMI基準を採用して、「肥満」「普通」「やせ」のどこに該当するかのお知らせが来るかと思います。

 

子どものバストを将来的に大きくさせ、貧乳の悩みを持たない女性にするには、「普通」に該当するように食べる量をできるだけコントロールさせることです。

 

「痩せ」なら「普通」になるように、間食させるなど食事の回数を増やして、食べる量を増やす。

 

「肥満」なら「普通」になるように、野菜を先に食べさせるなどカロリーを取りすぎないように注意させることです。
食べ物の質を上げる
摂取カロリー増やすために、糖質、脂質(ケーキ、スナック菓子など)などの高カロリーでジャンクな食品を増やすことでも、太ることはできますが、胸は大きくなりません。
栄養がないので、単なる肥満でありながら貧乳になってしまいます。

 

しっかり食べさせるのは、量ではなく質も重視すること。
ジャンクフードではなく、穀類麺類などの炭水化物によって接種カロリーを増やすようにしましょう。

 

 

女性ホルモンがきちんとスムーズに分泌されるように、その原料となるタンパク質を十分に摂取することです。

 

大人でも管理人のさゆりのようにバストアップはできますが、大人のバストアップと違って、マッサージや筋トレなどをせずに楽にバストアップできます。

 

小学校低学年の娘さんをお持ちの方は、検討してみてください。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップ基礎知識

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.