年代別バストアップ

40代のバストアップは肉質の変化と肌ケア、そしてクーパー靭帯に着目しよう

更新日:

管理人さゆり
更年期40代の柔らかくなった胸を適切にケアしてバストアップ!

40代はバストの感触もお肌も曲がり角から加速

30代になるとシミが表面化し初め、鏡を見ると「は~」とため息が漏れる日々になれたかと思ったら、(本心は、慣れてないけど。)40代になると、肌全体に元気がなくなります。

 

バストの肌も例外ではないんだなぁ、これが。

そして、20代の頃の胸はぎっしり詰まったようなやや硬めのバストの感触ですが、年を重ね得ると触り心地が変わってきます。

それを実感するのは乳がん検診のマンモスグラフィー。
おっぱいを機械で挟みレントゲンをとるのですが、胸の肉質が固い比較的若い人の方が痛い。(もちろん痛みには個人差があります。)

そんな人も、年齢が上がるにつれて痛みがマシになったと感じる人もいますが、それは胸が柔らかくなったからだと考えられます。

年齢を重ねるにつれて胸が柔らかくなる理由は、ホルモンバランスが変化し、脂肪の割合が多い胸に変化したからだです。

一言で言っちゃえっば老化です・・・。新陳代謝は年々低下して、それプラス女性ホルモン分泌が減ります。

女性ホルモンがバストアップの肝ですから、女性ホルモンの減少は避けたい。そこで40代はホルモンを生成する卵巣の機能を低下させない重要性は過去記事にも書きました。実際に下腹部を冷やさないように注意している人はたくさんいます。

 

40代のバストの肌が衰える理由

  • 年々新陳代謝は低下
  • 女性ホルモンが減少
バストアップ中さん
20代のバストを維持したいのよ!
管理人さゆり
いくらなんでもそれは不可能じゃないかな。でも、がっかりする必要もないんじゃないかなぁ。

 

柔らかくなった胸だからこそ、20代では効果がなかったアプローチが効果的に作用する場合があるからです。

バストの肌ケアは、新陳代謝と女性ホルモンの低下にあらがおう

 

新陳代謝が低下するというのは、早い話肌の生まれ変わりの速度が落ちるということです。

 

古い肌(角質層)は、保湿機能もいま一つ。そのため、保湿できてない肌は、ざらつき、くすみ、透明感もないので、肌の見た目も悪くなります。

 

バストケアの第一歩は、保湿ケア

 

そのため、バストの肌ケアで手軽にできて重要なのは、肌の保湿ケアです。若い頃は、リラックスのために、香豊かなボディークリームを塗ってましたが、40代になったら実用です!

ふあふあした理由で、ボディークリームを塗っている場合じゃなくなってきました。ボディーケアのために、バストジェル・バストクリームは正解。

 

バストケアの二歩目は、女性ホルモンのバランスを整える

 

女性ホルモンが肌をイキイキさせるのは、ご存知だと思います。バストの肌ケアにおいても、女性ホルモンの分泌は大事です。

 

40代以降、だんだんと女性ホルモンの分泌は減少していきます。40代は閉経を迎える準備期間なんです。そのため、女性ホルモンが乱れやすくなります。この期間を経て、ガクッと女性ホルモンは減ります。

 

オムロンサイトによると、

早い人では40代から、基礎体温に変化が現れます。

ホルモンバランスの乱れにより、基礎体温上では、低温相が長くなり、排卵後の高温相が短いという〝黄体機能不全〟症的なグラフを描くケースも。さらに、更年期に入ると、だんだん低温と高温期の高低差が減っていき、〝無排卵性月経〟的なグラフへ移行。閉経すると、高温期がなくなり、低温期だけになります。オムロン更年期のヘルスケア

 

このように、40代は女性ホルモンが乱れやすく、バストの肌もゆらぎがちです。女性ホルモンが自然に減少して、閉経するのは、自然の摂理です。しかし、体調を崩したりするのは、きつい。

 

女性ホルモンを減らさないために

  • 体重を標準範囲以下にならないように
  • ストレスフルな生活からは距離を置く
  • 栄養バランスのよい食事を心がける
  • 生理不順を放置しない

 

地味ですが、基本はいつだって地味なものです。必要以上に、女性ホルモンが減らないようにしましょう。

 

40代更年期だからこそ、マッサージ

 

柔らかくなるは胸だけでありません。年齢を重ねると代謝が落ちることで太りやすくなり二の腕などにも肉が付きやすくなったと感じる場合があります。

 

ぜい肉がついたことで、体全体の肉の質感が柔らかく変化したように感じるのです。
実際には、体全体にぜい肉が増えたというのがその理由なのですけどね。

 

しかし、ぜい肉がついたためにマッサージの効果が表れやすくなるのです。
二の腕の脂肪を胸に向けてマッサージ、背中の脂肪を胸に向けてマッサージがポイント。

二の腕や背中についた脂肪がスルスルと胸に移動することはありませんが、胸周辺の血行を良くし、ブラでホールドすることで他の場所に肉が付きにくくなります。

 

当たり前なことですが、全く脂肪がない人がたくさんマッサージをしても、さほどの効果はありません。しかし、女性ホルモンの減少や代謝が悪くなったことで、以前よりも太りやすくなります。

今までバストマッサージをしている割に、効果を感じられなかったかなりの痩せ体型の方でも、更年期頃にはぜい肉がつきやすくなったことでマッサージによる効果を感じやすくなるのです。

もちろん、代謝が悪いのはいいことではないので、筋トレ・ストレッチなどを併用して代謝をあげつつ、胸以外の場所に脂肪がつかないようにバストマッサージをすることが、更年期を迎えた40代では欠かせません。

 

更年期40代に丁度よいバストマッサージ動画


3分50秒くらいからマッサージの解説になります。

二の腕にアプローチしたバストマッサージ動画です。
バストマッサージに使うバストクリームやジェルなどは、お気に入りのボディークリームでOKです。

関連記事40代でバストアップするなら必須の筋トレストレッチへと続きます。

 

クーパー靭帯が伸びた垂れ乳改善には、コラーゲン摂取を!

UU型に垂れてしまったバストを改善するには、カラダにあったブラの着用は必須ですが、皮膚の伸びの程度によっては、どうしてもじっくり長期戦です。

 

垂れ乳改善が長期戦になってしまうには、皮膚の伸びを縮めるのに時間がかかるからです。

 

そうであるなら、中身(バストの脂肪)をしっかり膨らますことができたら、ラクちん!
研究がすすみ、バストの中身である乳腺を発達させる方法が分かってきました!

 

乳腺を発達させ垂れ乳を改善するには?

 

管理人さゆり
クーパー靭帯の主成分であるコラーゲンを強靭にするために、コラーゲンを飲むこと。

 

食べたコラーゲンがコラーゲンの材料になる!

 

以前は、コラーゲンを飲んでも、腸内で分解されるから無意味というのが一般的でしたが、研究がすすみ分解されたコラーゲンが体内でコラーゲン生成の材料になることがわかっていました。

 

そのため、コラーゲンをのむと、バストに網目状に張り巡らすクーパー靱帯が強化されて傘を開いたようになるからバストアップするんです。

 

実際に、コラーゲンのバストアップ効果を試験したドクターがいらっしゃいます。

 

14名の若い女性に試してくれることになりました。
1ヶ月間毎日コラーゲン量にして5gのんでいただきます。
1ヶ月の前後で採寸して写真撮影に協力してくれ人が2名ありました。
その結果14名中2名がワンサイズアップしたのです。
残りの女性もバストに張りが出てきたと何らか効果が見られました。 コラーゲンのバストアップ効果 新日本橋石井クリニック

 

試験を行った先生は、

 

すべてのコラーゲンがエビデンスを期待できるかというとそうではありません。

 

とおっしゃっています。それはコラーゲンサプリやドリンクの生成方法に違いがあるからです。

フィッシュコラーゲンの方がその他のコラーゲンよりも割高ですが、吸収が良いと新日本橋石井クリニックの医師である石井医院長がおっしゃっています。

 

参考にしてみてください。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-年代別バストアップ

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.