芸能人セレブのバストアップ法

浅田舞のバストアップ法【豊胸整形疑惑】浅田舞のGカップは天然?豊胸?

投稿日:

当サイト管理人のさゆりとしては、フィギュアスケーターで2010年バンクーバーオリンピック銀メダリストの浅田真央のお姉さんである浅田舞さんのバストの成長が気になるわ。

 

姉の浅田舞さんもフィギュアスケーターで、四大陸選手権4位とトップ選手。そのため、現役時代は体重管理の元ほっそり貧乳アスリート体型です。しかし、スケート選手としては活躍していない現在はかなりの巨乳さんです。

 

その胸の成長に、豊胸整形疑惑がでていますが、しゃべくりセブンできっぱりと豊胸整形疑惑を否定しています。

 

浅田舞さんがいうには、フィギア選手引退後に15キロ太ったことで、バストが大きくなった。と本人は言っています。

浅田舞式バストアップ法とは、15キロ太ることでバストを大きくさせることです。

ほしのあきバストアップ法との違い

 

これと似たようなことを言っていたのは、ほしのあきさん。

ほしのあきさんも、一度太って痩せて胸を残したとTVでいったました。どのくらい太ったかは忘れてしまいましたが、ネット上では8キロ太った説や10キロ太った説などいろいろです。

 

ほしのあきさんに関して、わたしは自力でバストアップしたかどうかは怪しいと思ってます。

 

なぜかとうと、ほしのあきさんは、かなりガリ痩せ体型だったので8キロ~10キロ程度の体重増では体型は変わらないんじゃないかなぁ、と。

 

あと、ほしのあきさんは手足の細さに比べて、胸が大きすぎる点も、わたしが自力バストアップを信じられない理由です。

 

さらに、ほしのあきさんはバストケア本は出しても、バストアップ本は出してません。バストアップが本当なら、バストアップ法を詳細に語る方が自然。なので、自力バストアップは違うんじゃないかなと。

 

まぁ、仮に豊胸整形だとしても「整形です。」とは言えませんよね。

 

浅田舞さんのGカップはあり得る。

 

一方、浅田舞さんが急激にバストアップしたのはあり得る話だと思います。なぜかとうと、浅田舞さんは、元アスリートでずっと体重管理をしていたからです。

 

フィギュアスケートのスピン(回転)は、胸が小さいほうが有利です。体の重心が取りやすいからです。また、アスリートですから体脂肪率も厳しく管理されます。

 

体重管理によって、女性ホルモンの分泌も抑制されていると考える方が自然。

 

そして、事実上引退したのが20歳ごろ。ちょうど女性ホルモンの分泌ピークである、20代半ばよりも前に選手生活を辞めています。

 

20歳ごろで体重管理から解放されたら、15キロ程度はあっという間に増えてもおかしくないんじゃないかなぁ。

 

身長も163cmと小柄ではありませんし、元々が厳しい体重制限されたアスリートのカラダなので、15キロ太ったとしても普通よりも少し太目くらいの見た目で納まるまず。

 

そして、栄養のあるものをしっかり食べての体重15キロ増なら、女性ホルモン分泌バランスが整い、バストアップすることは十分に考えらえます。

 

 浅田舞式バストアップ

  • 向いている人⇒低体重・低体脂肪率な20代前半
  • 10代で厳しい部活動などをして、今も低体脂肪率で痩せている20代前半の人。
やり方⇒一度食事量を見直し、低体脂肪率・低体重を脱する。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-芸能人セレブのバストアップ法

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.