バストアップしない理由は生活習慣にあり

スカート好き女性のバストが小さい理由。バストアップと冷えの関係

更新日:

 

管理人さゆり
スカートスタイルの時、オーバーパンツ履いてますか?

バストアップ中さん
ぎくぅぅ


下腹部の冷えは卵巣機能を低下させる原因のひとつになり、女性ホルモンの分泌がスムーズにいかなくなります。

管理人さゆり
スカート好きの女性でオーバーパンツなどを履いていない人は、体が冷えている可能性があるよ

下腹部を温めよう

盗撮が怖い昨今、電車通学の女子中高生は、自衛手段としてショーツの上にスパッツハーフパンツ、半ジャージを履いている子はいるようです。

でも、盗撮の心配がない状況の女子中高生や成人女性は、オーバーパンツを履いていない人の方が多いようです。ショーツにストッキングだけとかね。

もし、あなたがオーバーパンツを履かずに胸が小さいことに悩んでいるなら、下腹部を温めるためにショーツの上に必ずスパッツや腹巻などを
着用するようにしましょう。

下腹部を冷やすことは、女性にとって致命的なのは知識として知っているかと思いますが、下腹部をあえて冷やしている人はたぶんいません。

では、どんな人がいるのかというと、下半身を温めていない人です。

半ジャージやハーフパンツをスカートの下に履いてはいても、下腹部を温めるという目的で履いている子はあまりいないですね。

でも、胸を大きくする女性ホルモンがしっかり分泌させるためにも、下腹部は温めること。

「冷やさないではなく、温める」です。なぜなら、冷えの自覚症状がないこともあるから。

バストが小さいことに悩むなら、なおさらです。

昔とちがってお金さえ出せば、1年を通じて冷たいものが食べられます。真夏でも外は暑くても、建物の中に入れば、適温またはそれ以上の寒さだったりします。
寒暖差に体調がすぐれなくなることはよくあることです。

冬でもアイスを食べたりすることもあります。

知らず知らずのうちに、無防備なカラダは冷えてしまいます。
そのため、ライフスタイルによっては意識的に下腹部を温め、冷えから体を守る必要があるのです。

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

下腹部を冷やすことで起こる症状

わざわざ、下腹部を冷やす人はいませんから、知らない間に下腹部が冷えたことで体調が崩れてしまっている人がいます。

下腹部の冷えが原因と考えられる症状

  • 月経痛(生理痛)が重い
  • 内臓機能の低下
  • 排卵痛
  • 下痢

下痢などは、すぐにお腹が冷えたかな?と気づきますが、それ以外の症状は慢性的になり気づかなかったりします。

内臓機能の低下とは、たとえば卵巣機能の低下があげれます。
卵巣機能が低下するとが女性ホルモンの分泌が上手くいかなくなるため、胸の成長にも影響すると考えらえます。

もちろん、下腹部を温めれば、それだけで上記症状が治るとは言えません。
しかし、温めて改善することはよくあることです。

真冬でもスカートとストッキングだけ、真夏でもクーラーで寒い部屋にいるという状況なら下腹部が無防備すぎです。

中高生はバストアップのためにも重ね履き必須

バストアップの視点からいうと、中高生で成長期にある場合、女性ホルモンの分泌は活発な時期です。

個人差はありますが、成人女性ほどバストアップのために筋トレやマッサージなどを頑張らなくても、食事に気を付けるだけでバストは自然に大きくなったりします。

中高生は制服のため真冬でもスカート履く機会が多いと思います。
貧乳に悩むならぜひ下腹部を温めるめるようにしましょう。

もちろん、成人女性も症状があったり不妊になったら困ると思いなら、スカートをはいてクーラーの部屋にいるときは、ひざ掛けを腹部にかけるなど、一定の温度を保つように心がけることをおすすめします。

汗だくにありながら腹巻しろって話ではないので、そこは注意してね。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップしない理由は生活習慣にあり

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.