女性ホルモンを整える漢方でバストアップ

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)ツムラの漢方で女性ホルモンを整えてバストアップ

投稿日:

管理人のさゆりです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)。舌を噛みそうな名前ですが、女性ホルモンを整える漢方薬のひとつです。

胸を大きくするには女性ホルモンの存在が欠かせませんが、バストアップだけでなく体調を整えるためにも、ホルモンのバランスの乱れは解消すべき問題です。

ホルモンのバランスの乱れを整える選択肢のひとつとして、漢方薬があります。

漢方薬の場合、西洋医学の薬と違い、同じ症状であっても体質によって処方される漢方薬は違います。

そのため、「女性ホルモンバランスを整える」というひとつの目的のために、お薬が何種類かあります。

他の西洋医学の薬と違うところとして、化学物質合成で生成されておらず、自然界にある植物などから効果のある成分が生成されています。

「自然の生薬(しょうやく)」と言われます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)楽天 ツムラ一覧

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が向いている人

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:
月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が向いている人

  • 虚弱体質で疲れやすい人で、冷え性持ちでホルモンのバランスの乱れによって生理不順や生理痛などがある女性向け。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の副作用

漢方薬というと、体に優しいイメージがありますが、漢方薬も副作用があります。薬と体質が合わない場合、副作用がでます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の副作用

  • 発疹・発赤、かゆみ
  • 食欲不振、胃部不快感

副作用がでたら医師に相談してください。

体が疲れる、冷え性、頭痛持ちで月経不順や基礎体温の乱れがある場合、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の服用も治療選択肢のひとつです。

不調でバストアップどころではない・・という場合、まずは基礎体温を測ることでいろいろ分かってくることがあるかと思います。

基礎体温についての記事は準備中

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-女性ホルモンを整える漢方でバストアップ

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.