年代別バストアップ

30代、40代の垂れ貧乳をバストアップしたい!自宅でできる30代40代以降のバストアップ法

更新日:

 

30代半ばの私でも4日間で2カップのバストアップに成功しました。40代でバストアップできた女性も、ゴロゴロいます。

 

30代半ばアラフォーのわたしがバストアップできた理由は、胸が小さい原因、垂れてしまった原因をひとつひとつ潰していったからです。

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

30代、40代でバストが下垂する理由はなにか知っていますか?

30代、40代で胸が垂れる主な理由は

  1. 筋力の低下
  2. 新陳代謝の低下
  3. ホルモンバランスの崩れ

出産経験者の場合は、妊娠、出産による胸の変化も。
出産経験のある30代40代女性の胸の下垂に関してはこちら。

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

30代40代から始まる胸の変化を食い止める方法は?

 

  • 筋トレ・ストレッチをする。(大胸筋、小胸筋が小さくなるのを防ぐ)
  • バストマッサージをする。(血行を良くして、女性ホルモンを行きわたらせる)
  • 新陳代謝を高める。(カラダの若返るを図る)

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

美乳に不可欠な筋トレ・ストレッチ

筋トレやストレッチによって胸の下にある大胸筋や小胸筋を鍛えないと、胸のボリュームはダウンしてきます。さらに、バストの位置も下に下がる!

 

その理由は、筋力は年々衰えるから。年を取ると筋力は弱まりますので、トレーニングをしなければ、年々筋肉は小さくなっていきます。

 

そして、筋肉で上向きに支えられていた脂肪も支えられなくなったことで下向きになり、胸は垂れてしまうのです。老人男性の乳首も下がることから、胸が小さくても、筋肉が下がればその上のついている胸も下がってきちゃうんです・・・。

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

ハリのある若々しい胸に影響する新陳代謝

少しでも、バストアップするためには、新陳代謝は無視できません。あかちゃんのツルリンお肌も新陳代謝が活発だからだと言われています。

管理人さゆり

新陳代謝とは細胞の生まれ変わりのことで、そのペースや質が落ちることが老化です。

 

若い頃はハリのある胸を維持していましたが、だんだん萎んでくるのは、新陳代謝のスピードが落ちたことと、傷ついた肌の修復ができなくなるからです。(新陳代謝の質の低下)

 

新陳代謝が低下すると全てのカラダの働きにも影響するので、血行も悪くなります。
年々、冷え性になったなと実感されている場合もあるでしょう。あーヤダヤダ!

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

30代40代のバストアップは女性ホルモンを減らさないこと!

 

胸が大きくなるのは、女性ホルモンのお蔭です血行が悪くなると、女性ホルモンや栄養が体全身に行き渡らないということですから、胸は萎みます。

 

新陳代謝が落ちることで悪くなった血行を、バストマッサージによって良くしていきましょう。

閉経前後の40代がバストアップのために特に気をつけたいことは?

閉経前後の40代はこれまでの話にプラスして閉経による女性ホルモンの低下にも目を配る必要があります。

女性ホルモンの分泌が減り始める閉経前後の40代と、女性ホルモンが徐々に増える20代ではバストアップにおいて気を付けることに違うんですね。

 

なぜなら、女性ホルモンを生成する卵巣の機能自体が低下していくからです。卵巣機能が低下停止すると、ホルモン分泌が減少ししていきます。

あると思うな親の金。ならず、女性ホルモンです。

 

そんな卵巣機能の低下は、閉経を挟んだ45歳から55歳頃にあたる更年期頃にから始まり、そして、停止(閉経)します。40代だからこそ、着目したいバストアップにまつわる注意点をさぐっていきましょう。

 

>>バストアップできた!貧乳を8日間でワンカップ、44日間でDまで胸を大きくする方法のトップページへ戻る

 

更年期を迎える女性が胸を大きくするために気を付けることとは?

 

卵巣機能の低下を緩やかにしよう

 

 

排卵しなくなることで卵巣機能が停止し女性ホルモンが減っていくきますが、卵子(原始卵胞)の数に限りがあるので、死ぬまで排卵させることはできません。

 

仕方のないことです。不老不死はありえませんから。

 

 

閉経を遅らせることはできませんが、40代でバストアップを考えるなら自ら排卵機能を低下させるようなことはしないことです。

 

小胸に悩むのに、小胸になりやすい体質を自分で作っている場合ではありませんからね。

 

卵巣機能の働きを悪くするもの

  • 喫煙
  • 冷え

 

卵巣の働きを悪くする喫煙

 

喫煙の影響によって・・・

  • 閉経年齢が1.5~2.5年早くなる
  • 女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少する

参考サイト 三宅婦人科内科医院

 

このサイトは自力で胸を大きくすることがテーマなので、ここではお話しませんが、喫煙は、不妊の理由にもなります。40代で自力で胸を大きくしたいなら20代よりも真剣に禁煙を考えた方がよいかと思います。

 

卵巣の働きを悪くする冷え性

 

 

冷え性は血液循環が悪いことで起こりますが、皮膚に血液がいかなくなると皮膚は壊死(腐る)します。血行を良くすることは、思っている以上に重要です。

 

30代の冷えもバストアップには大敵ですが、卵子がなくなり排卵しなくなり卵巣の働きが悪くなることが迫っている40代は、冷えの解消はかなり優先的に行うべき。

 

管理人さゆり
腹部にカイロを忍ばせよう

 

騙されたと思って、一週間カイロをお腹に貼ってみて下さい。寝起きがよくなったり、カラダの冷たさが改善される人もいます。

 

次の記事更年期40代女性だから気になる胸の肉質の変化を利用したバストアップ法へ続く

 

 

30代40代から美しく大きな胸を取り戻す方法まとめ

 

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-年代別バストアップ

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.