バストアップサプリメントの疑問に答える

プエラリアサプリで死亡事故あり。自己責任で。

更新日:

管理人さゆり
プエラリアミリフィカが含まれるサプリメントに注目が集まっていますが、プエラリアミリフィカが含まれるサプリは、当サイト管理人さゆりはお勧めしません。

プエラリアサプリを服用した男性の死亡事例がありました。以下国立栄養研究所サイトから引用します。

 

糖尿病とC型慢性肝炎に罹患していた56歳男性(日本)が、肝機能改善を目的としてプエラリア・ミリフィカ(ガウクルア)含有健康食品を自己判断で1週間摂取したところ、全身倦怠感が出現し、医療機関を受診。
アルブミン合成能低下、血小板低下とともに胆道系酵素の上昇が認められ、摂取したガウクルア含有健康食品との因果関係が疑われる薬剤性肝障害と診断された。治療による改善がみられなかったため、入院により肝機能および腎機能低下に対する対症療法と全身管理を継続したが、肝不全が進行し、肝不全・腎不全により死亡した
国立栄養研究所 健康被害情報サイトより引用 http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1603.html

 

肝臓の病気がある人がプエラリアミリフィカが含まれるサプリをたった1週間飲んだ結果、肝不全が進行。肝不全、腎不全で死亡する事故が起きてます。

 

なぜプエラリアサプリで死亡事故?

 

管理人さゆり
プエラリアミリフィカは、まだ未知の成分だからじゃないでしょうか。

 

プエラリアの研究において、ヒトでの大規模な実験研究はされていません。論文が探せる実験は、閉経期及び閉経後女性37人を対象とした試験が行われた程度です。

 

その他のプエラリアの実験結果がネット上で探せますが、それらの実験に関する論文は出てきませんでした。しかし、それら論文の裏付けのない実験も大規模な実験ではなかったため、研究が進んでいないことが伺えます。

 

ちなみに、上記37人のプエラリア試験の結果は、更年期障害が飲む前よりも、軽くなったと実感した人がいました。

 

プエラリア含有カプセル50および100 mg/日、6ヶ月間の摂取により、更年期症状が相対的に緩和されたが、血中エストラジオールの変動が認められ、一部の被験者で貧血、肝機能検査値の変動が報告
プエラリアの有効性と安全性についてヒト試験:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14971532?dopt=Abstract

ただ、治験の人数が37人と少なく、効果とリスクの解明が不十分であることは変わりません。

 

サプリメントは、健康な人が飲むもの

プエラリアサプリを服用して死亡した人は、肝臓に持病がありました。どのサプリメントにも書いてあることですが、サプリメントは健康な人だけが飲めるものです。

サプリメントが飲める健康な人とは?

  • 持病がない(自覚症状がない病気も含みます。)
  • 常用している薬(ピルも含む)がない
  • 妊娠していない
  • 授乳していない
  • 大人である

20代前半はプエラリアサプリを飲んではいけない

 

プエラリアは未知な上に、大豆イソフラボンよりも強力なエストロゲンに似た作用をもつと考えられることから、成人であっても20代前半の女性には、薦められるものではありません。

 

なぜなら、20代前半くらいまで、女性ホルモン分泌バランスが整っていない可能性が高く、プエラリアの摂取により、不適切に女性ホルモンの働きが強くなる可能性があるからです。

 

20代前半位の女性は、プエラリア系サプリは控える方が無難です。自分の娘には勧めません。

 

妊活中もプエラリアサプリは飲んではいけない

 

妊娠していると確実な方だけでなく、妊娠の可能性がある場合もプエラリア系サプリは厳禁です。胎児や母体にどのような影響があるのか分からないためです。

 

 

なぜ死亡事故があったサプリメントが販売されているの?

 

管理人さゆり
販売禁止にならない理由は死亡人数が少ないからじゃないかぁ。

 

そもそも、副作用がでることもある予防接種が、毎年子ども達に打たれていることからも分かるように、そう簡単に販売が禁止されることはありません。

 

さらに、この死亡事例は持病がある人ですし、立て続けに死者がでたわけではないため、放置されているようです。

 

 

余談ですが、ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種直後、乳幼児が28人が死亡していますが、因果関係の証明されないとして、打ち続けられています。

 

管理人さゆり
ちなみに、小麦アレルギー被害を起こした茶のしずく石けんは、463人が発症の確実例とされ、発症者は約1千人と言われています。そのくらいの規模になるまでは、なかなか事件が表面化されません。

 

管理人さゆり
販売禁止にならない理由はプエラリア成分が少量なら重い副作用は起きにくいからじゃないかぁ。

 

どんなものでも、作用するにはある一定の量というものが必要です。有効成分が配合されているだけでは、効果があるとはいえません。

管理人さゆりがプエラリアサプリを薦めない理由

そもそもサプリメントは効果効能を明らかにして売ることは違法ですし、プエラリアの有効量などが未知です。人により女性ホルモンの感度が違うため、プエラリアの量が少量であっても、なんらかの効果がある人もいます。

 

さらに、女性ホルモンと似た働きをする成分であるプエラリアはバストアップ成分として、有効量は不明でありながら、有名な成分なために、プエラリア配合というだけで、効果を期待してたくさんの女性がプエラリアサプリを手に取っています。

 

プエラリアを少量でも配合すれば、売れるのですから、プエラリアの有効量を研究するメリットはサプリメント販売においてはあまりなく、そのことが、プエラリア研究が進まない原因かもしれません。

 

販売されているプエラリアサプリは、副作用がでない程度にプエラリア量を抑えたものです。そのため、信頼できる製造会社のプエラリアサプリであれば、健康な人が死亡してしまう危険性はかなり低いです。

 

管理人さゆり
販売禁止にならない理由は副作用が目に見えないからじゃないかぁ。

エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が多い人は、不妊の原因のひとつである子宮筋腫や子宮内膜症などになりやすい傾向があることが分かっています。子宮内膜症とエストロゲンの関係についてwiki

 

そのため、大豆イソフラボンよりも強力な女性ホルモンに似た働きをするプエラリアサプリを取ることは、不妊やその他のリスクが高まると考えられます。

 

しかし、不妊は自覚症状がありません。不妊などの自覚症状がないものは、特定の物質が原因として特定されるのはあまりありません。

 

これらのプエラリアの危険性については、帝京大学薬用植物園管理室 木下武司教授のサイトが詳しいので興味があったら読んでみてもいいかもしれませんね。

当サイト管理人さゆりがプエラリアサプリを薦めない理由

そもそもプエラリアの有効量などが未知です。人により女性ホルモンの感度が違うため、プエラリアの量が少量であっても、なんらかの効果がある人もいます。

 

 

プエラリアサプリをできるだけ安全に飲む方法

 

 

一方、死亡の危険性はとても低いことから、どうしてもプエラリアバストアップサプリを試したい人もいるかと思います。その場合は、効果がなくても、副作用があっても承知の上で、中止のタイミングを見極めて摂取することで、安全に飲むことができます。

 

 

プエラリアサプリ服用中止のタイミングとは

プエラリアサプリの服用を中止するタイミング

  • 3か月程度服用したが、カラダに変化がない。
  • 薬(ピル含む)を服用し始めた
  • 生理不順になった
  • 不正出血が起こった
  • お酒を飲み始めた(お酒とサプリが共に肝臓に負担をかけるため)
  • 病気が見つかった(特に子宮内膜症、子宮筋腫などの女性特有の病気は進行しないと自覚症状がないの注意)

 

基本的にどのサプリメントも加工品ですから、肝臓に負担をかけると言われています。さらに、お酒の飲みすぎは肝臓を悪くすることで有名です。

 

 

お酒をよく飲むことで、知らないうちに肝臓を悪くしていることがあります。プエラリアサプリで死亡した人は、肝臓に持病があったことから、肝臓を悪くする恐れがあるお酒をよく飲む人はプエラリアサプリの服用は中止にすべきだと思います。参考にしてみて下さい。

 

補足
アルコール依存症の人が、プエラリアを飲むとお酒を飲む回数が減るという実験があることで、プエラリアサプリが肝臓によいと勘違いしている人がいます。

 

この実験(論文未確認)はプエラリアがアルコール依存症の改善に効果があるようだという話で、プエラリアが肝臓を良くするということではありません。

 

お酒と加工品であるサプリが肝臓に負担をかけることは変わりません。注意しましょう。

 

このような記事を書くと、たいてい非難や嫌がらせのメールがきます。
それでも、正確で公平な記事を書きたいので、記事が役立ったり、応援してもいいよ!という方、ブログランキングの応援クリックお願いします。

 

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

 

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップサプリメントの疑問に答える

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.