バストアップ良くある質問Q&A

バストアップした自分をイメージしても、バストアップはしない件

投稿日:

メルマガの読者さんから、質問があったのでこちらでも回答をシェアします。

バストアップした自分をイメージしても、バストアップしないんですが・・・

バストアップ中さん
バストアップするには、ポジティブ思考でプロセスイメージを頭の中で思い描く、イメージングがとても大事ということを聞きました。 しかし、思い描いても全くバストアップしません。イメージング、イメージトレーニングについてどう思われますか?

以上のような内容のメールを頂きました。ありがとうございます。

 

管理人さゆり
まず、イメージング法の理解が間違っています。

正しいイメージトレーニングとは、ポジティブ思考でプロセスを思い描くことではないからです。そもそも、イメージング法は手助けであって、根本的なバストアップ法ではないですしね。

 

冷静に考えれば分かるはずなんですが、バストアップしたい!という気持ちが強くなりすぎるとハチャメチャな話を信じてしまいますよね。

 

だから、信じてしまうのもムリもないんですけど、イメージするだけでバストアップはしませんよー

ポジティブ思考はイメージトレーニングではない

こんなことを言うとと、オリンピック選手もやっているとか、有名企業のビジネスマンはやっているとか反論が聞こえそうですが、イメージトレーニングは手助けでしかないですし、

 

正しい結果が出るイメージングトレーニングとは、ポジティブ思考でプロセスを思い描くことではありません。

 

正しいイメージトレーニング、イメージングとは、目標にリアリティーを感じさせ、今の状態を居心地の悪い状態と認識させることです。

 

 

オリンピックの選手が行っていることも、これです。

 

具体的に話すと、練習から優勝するまでをイメージし、

 

本人が「こんな今の低レベルの記録は、自分の本当の実力じゃない!本当のわたしは世界最速の女よ!」ってレベルまでリアリティーをもたせると、

 

「あれ、こんな練習じゃだめじゃん。」って気づき、優勝者にふさわしいような練習量にしたり、練習方法を変えるなど、自ら変わっていくんです。

 

それを人によってはこれをモチベーションを保つ方法、引き出す方法と言うこともあります。

 

バストアップの正しいイメージング、イメージトレーニング法とは

 

ちょっと、ワケが分からなくなりましたか?

 

では、想像してみてください。

 

管理人さゆり
今、あなたのバストがAカップだとします。それが3か月後にDカップになりました。

 

どうですか?信じられますか?「いや、無理だろ?」って思いますよね。そんなん、ムリムリって思うと思います。
なぜかというと、バストアップに関することを実践してない(イメージしてない)からです。

 

管理人さゆり
では、次に毎日、バストアップDVDを見てその後、バストがDカップになりました。

 

どうですか?まだ、信じられませんよね。だって、DVDを見た(とイメージした)だけですから。

 

管理人さゆり
では、では次に、バストアップDVDを見ながら筋トレなどを実践したら、3か月後にめでたくバストがDカップになりました!

 

どうでしょうか?最初よりも、だいぶリアリティー(臨場感)がでてきたはずです。

 

気持ち的に「Dカップバストになるかも」と納得感がでてきたのではないでしょうか?

 

しかし、まだ、筋トレの具体的な内容が分からないのでアレですが、もっと筋トレなどの内容を知ることができれば、やれる、できる!3か月後にAカップバストがDカップになるぞ!と思えるというのも、時間の問題だと納得されるかと思います。

 

バストアップが近づくイメージトレーニングに必要なのは臨場感

もっとしっかり自分がバストアップしDカップになれるとイメージすると、Aカップの今の状況に違和感を持ち、むしろDカップの自分の方がリアルに感じてくるんです。

 

そうなると、バストアップDVDを見てバストアップしないで過ごすことに、居心地を悪く感じてバストアップを実践しますから、Dカップのバストになる可能性が一段と高まるんです。

 

それが、正しいイメージング、イメージトレーニングです。上っ面の理解だけですと、ポジティブ思考でプロセスを思い描くことがイメージングだと思ってしまいますが、違います。

 

臨場感を感じられないのであれば、バストアップしたいからといって、バスト豊かな女性の画像をスマホの待ち受けにしても、切り抜きを手帳に挟んでも、ほとんど意味はないのです。

 

そして、イメージトレーニングやイメージングは、バストアップの枝葉の部分でしかありません。実践することが本質ですので、忘れないようにしたいです。

イメージング、イメージトレーニングは脳科学です

嘘みたいな話ですが、イメージトレーニングは脳科学です。実は、人の脳みそは臨場感(リアリティー)を感じると、想像の世界(イメージ)と現実の世界の境目があやふやになるからです。

おおおお、さらにワケが分からなくなったかも。

(まぁ、こっから先はおまけですから、気が向いたら読んでみてください。)

 

人は仮想現実と現実との区別が完全にはできない

 

いや、現実と空想の区別くらい分かるよ!と思うかもしれませんが、想像の世界と現実の世界の境目の境目は曖昧です。

 

簡単に説明しますが、ハリーポッターなどの映画を考えてみて下さい。

 

映画は偽物です。

 

空想の世界を映像化したものです。だけど、ハリーポッターが危機を迎えれば、ハリーを応援したくなりますし、仲間が死んでしまったら悲しくて泣いてしまいます。

 

なぜなら、臨場感(リアリティー)があるからしっかり心(脳みそ)は反応してしまうからです。

 

一方で、ドビーがCGではなく着ぐるみで不自然極まりなかったら、ドビーに感情移入はできず、白けます。役者も下手なら白けます。リアリティー(臨場感)がないからです。

 

臨場感がある=リアリティーがある。だから、心が動くのです。
ですから、オリンピックの選手を始めとするアスリートも、優勝までのプロセスをリアリティーをもってイメージすることで、本当は優勝できるかどうか分からない未来を優勝できると心から信じることができ、

 

さらに、未来を信じたことでやる気を起こさせ、現在の自分の力とイメージしたプロセスを比べ、現状に違和感を覚えさせることで行動(練習)することができるんです。

 

それが、正しいイメージトレーニング、イメージングです。
決して、ポジティブ思考でプロセスを思い描くのではありません。必要なのは臨場感です。

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

-バストアップ良くある質問Q&A

Copyright© バストアップして胸を大きくするブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.