エストロゲンとはバストアップするために必要なホルモンです。

2019年3月24日

 

[st-kaiwa1]

バストアップには女性ホルモンが必須なのですが、その女性ホルモンの働きについてよく分かっていないと、「バストアップするサプリがあるよ♪」 なんて耳元でささやかれたら、フラフラ~とそちらに行ってしまいます。

ここでよく勉強していっていただければ。

[/st-kaiwa1]

バストアップに関係するエストロゲン!男の子のバストもアップさせるよ

女性ホルモンは、2種類あります。エストロゲン(卵胞ホルモン)はそのうちの一つ。もう一つはプロゲステロンと言います。

どこから分泌されているのかっていうと、主に卵巣と副腎から分泌されています。

[st-kaiwa1]男性も少量ですが女性ホルモンの分泌があります。[/st-kaiwa1]

男性の場合、テストステロンを元にエストロゲンが作られるため、思春期になると増加するテストステロンとエストロゲンのホルモンバランスの崩れにより、エストロゲンが増えることがあります。

増えたことでエストロゲンの作用が強くなり、男でも乳腺が刺激されバストアップすることがあります。それを女性化乳房といいます。
思春期の男の子の胸が大きくなった場合は、ホルモンバランスが落ち着くと胸の膨らみは消失しちゃいます。

 

エストロゲンの作用

  1. 乳房や太股、腰回り等に皮下脂肪を増やす
  2. 肌にハリを与える
  3. 気分を朗らかにさせる

 

 

エストロゲンと似た働きをするのが大豆イソフラボン

 

いよいよバストアップ的エストロゲンの話になってきましたが、エストロゲンは乳腺の発達などに関係するホルモンですが、
それに似た働きをするものが植物の中にもあるんです。

 

[st-kaiwa1]エストロゲンと似た働きをすると有名なのが大豆に含まれる大豆イソフラボン。[/st-kaiwa1]

 

大豆イソフラボンの効果は、かなり期待できるもので
男性でも豆乳をたくさん飲むことで、肌の皮脂が抑えられたり、乳房の発達が見られることがあります。

 

大豆イソフラボンよりも強い作用をもたらすものが、プエラリアという芋に含まれている、ミロエステロールやデオキシミロエステロールです。

 

二つとも、女性ホルモンに似た働きをするということで、女性ホルモンそのものを増やすものではありません。

 

胸を大きくする以外にも、エストロゲンの作用でおきることは?

 

エストロゲンの分泌は、胸を大きくするだけではありません。
思春期の急激な身長の伸びは、エストロゲンの分泌によるものです。

 

同時に、エストロゲンは身長を止める(骨端線を閉鎖させる)作用もあるため、
エストロゲンの分泌が少ない男性の方が、女性よりも高身長になりやすいと言われています。

 

[st-kaiwa1]胸が小さいからといって、大豆イソフラボンやプエラリアのサプリメントを思春期の女性が摂取すると、理論上は身長が止まりやすくなるよ。[/st-kaiwa1]

 

思春期が過ぎで身長が止まった後、20代でも30代でも胸は大きくなります。サプリメントの摂取はおすすめしません。

バストアップサプリメントの危険性についてのお話はこちら

 

女性ホルモンと身長に関して参考資料 早発思春期 – 日本産科婦人科学会

偽りなしの正攻法でブログランキングどこまでいけるか実験中。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村